本文へ移動

サービス

高度医療にも対応可能な訪問看護サービスです。

このような方がご利用できます

私達がしっかりサポート
安心してお任せ下さい。
  • 病気や障害などで寝たきり、または寝たきりになる心配のある方。
  • 寝たきりではないが、自宅で継続して療養を受ける状態にある方。
  • 難病、カテーテル管理の必要な方。
  • 主治医が訪問看護、訪問リハビリを必要と認めた方。
  • 老衰や癌など、人生最後を住み慣れた自宅で迎えたいと希望される方。
* 年齢は関係ありませんので、お気軽にご相談下さい。

サービス内容一覧

病状観察

特にいつもとお変わりがないか、患者様やご家族の方に伺い、健康のチェックを行います。
何かお気付きの点や、いつもと違った症状が見受けられた際にはスタッフへお伝え下さい。
適切な処置とアドバイスをさせて頂きます。

医療処置・指導(医師の指示による)

爪切り、湿布のはり付け、軟膏塗布、座薬挿入、薬の内服の介助、浣腸、検温、血圧測定、目薬の点眼、鼻の穴から薬剤を吸入するネブライザーの介助、軽い切り傷や擦り傷、ガーゼ交換等 医師の指示による適確な処置を行います。また毎日の処置方法等、しっかりと指導させて頂いております。

褥創の処置

患者様が長期にわたり同じ体勢で寝たきり等になった場合、体と支持面(多くはベッド)との接触局所で血行が不全となって、周辺組織に壊死を起こす事があります。
予防が第一ですが、皮膚面の保湿と保清(清潔)、栄養管理を行い適切に処置を致します。

栄養の相談、薬剤の相談

生活習慣病をはじめとする多くの疾患は、日々の食生活と密接に絡んでいます。毎日の食事からきちんと栄養を摂らないと、毎日を元気に過ごすこともできなくなりかねません。患者様の健やかさは、食べることによって支えられておりますので、毎日の栄養指導と、薬の摂取方法も含めアドバイスさせて頂きます。

リハビリテーションの実施

障害のある患者様に対して残された能力を最大限に回復させ、また新たな能力を開発し、自立性を向上させ、積極的な生活への復帰を実現するために一連の働きかけを致します。
「人間らしく生きる権利」の全体的な回復(「全人間的復権」)を本旨とするもので、長期に渡る場合もご相談下さい。

メンタルケア

病気になる原因には、生活習慣、ストレス、そして食生活が大きな原因となっていますが、同時に心の痛みを癒す事も大切です。肉体と精神の相互関係を良くするために、心のケアを行っております。

在宅ターミナルケア

患者様の住み慣れた自宅において、死を前にした患者様とその家族に、出来うる範囲の中で「よりよく生きること」に手を貸すことを行います。残された時間が穏やかでかつ意味のあるものに出来るよう、疼痛の管理、症状緩和、心のケアを行い、患者さんや家族と共に我々医療者もが「その時間」を共有することと考ます。

在宅中心静脈栄養の管理

自宅にて(在宅)点滴をしながら栄養を摂取する方法です。 入院してる必要もないので、自宅に帰れるだけではなく、社会復帰も可能です。 手術(局部麻酔)で、心臓に近い太い血管にカテーテルを入れ、ポートを設置し、点滴をします。
ポートを設置した当日から利用可能です。太い血管なので、高カロリーの濃い輸液でも、無理なく点滴を行うことが可能です。

ストーマケア バルンPEG管理

大腸癌(がん)や膀胱腫瘍などで便や尿のストーマである人工肛門や人工膀胱などを造設された患者様に、それぞれのストーマの管理方法を指導したり、管理の援助行います。
また、より快適な日常生活を送るための、患者様介護者様双方に負担の少ない経腸栄養法も管理致しております。

独自の疾痛管理表によるペインコントロール

様々な怪我や病気、手術に伴って生じる「痛み」を管理することを「ペインコントロール」と言います。
痛みをコントロールすることは、病気や怪我の根本的な治療にはなりません。しかし痛みを上手にコントロールすることで、痛みの原因となっている病気や怪我の治癒がスムーズになったり、治療中の患者様の生活の質が改善されることがあります。

人工呼吸器(NIPP含む)

人工呼吸器(NIPP含む)の対応も可能です。
2024年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
↑求人情報は写真をクリック
現在 常勤看護師の募集を行っております
株式会社国際看護
〒191-0065
東京都日野市旭が丘5-6-20
ジュネパレス旭が丘1階
TEL.042-585-9708
FAX.042-585-9705
TOPへ戻る